ピッチング・スピードアップ・プログラム

ピッチング・スピードアップ・プログラムとは?

「頑張ってトレーニングしているけど、全然球が速くならない・・・」このように、頑張ってたくさんトレーニングをしているのに、いつまで経っても球速が上がらずに悩んではいないでしょうか?ひょっとして、走り込んで下半身を鍛えたり、筋肉を鍛えるようなトレーニングをしてはいませんか?と言うのも、このようなトレーニングは、ひと昔行なわれていたトレーニングで、こんなことをしても球速が上げることはないのです。

 

3つのトレーニング解説イメージ

 

 

実は、あまり苦労しなくても、あるプログラムを実践するだけで、短期間で速い球を投げれるようになるトレーニングがあります。そのトレーニングが、ピッチング・スピードアッププログラムなのです。

 

ピッチング・スピードアップ・プログラムイメージ

 

ピッチング・スピードアッププログラムは、九州共立大学准教授でコンディショニングコーチとしても活躍する森部昌広さんが発案したトレーニング法で、多くのプロ野球のピッチャーを指導し、全てのピッチャーの球速を上げることに成功した方法です。

 

詳細イメージ

 

 

このプログラムを実践すると、球の速さを140キロレベルにまで引き上げることができ、3ヵ月後には誰でも最低10キロ以上は球速を上げることができます。しかも、正しいトレーニング法なので、肩や肘が壊れない体作りができ、いくら投げ込んでも、故障するようなことはなくなるのです。実際に、福岡ソフトバンクホークスの高橋秀聡投手も実践し、150キロを超える球を投げれるまでになっています。さらに、日本のプロ野球選手だけでなく、メジャーリーガー、オリンピック日本代表選手、有名実業団、大学・高校・中学・小学校のチームや選手も実践し、球速を上げることにせいこうした選手が続出しています。このように、ピッチング・スピードアッププログラムは、少年野球からプロ野球の選手まで、誰でも飛躍的に球速を上げることができるようになるのです。

間違ったトレーニングは体を壊すだけです!

いくら頑張ってトレーニングしても、間違ったトレーニングをしていれば、球速が上がるどころか、体を壊してしまうだけなのです。なぜ、間違ったトレーニングをしてしまうのでしょうか?その原因は、ほとんどの方が、自己流でトレーニングしていたり、トレーナーが、正しいトレーニング法を知らないで指導しているからなのです。

 

 

自己流はNG

自己流などの間違ったトレーニングは、人間の体の仕組みを理解していないので、非効率で体のバランスも悪くなってしまい、怪我をしやすくなるだけでなく、疲労が蓄積しやすく、なかなか怪我が治らない体になってしまいます。

 

ハードなトレーニングもNG

また、一見すると、ハードなトレーニングは、強い負荷がかかり体を鍛えるのに良さそうに思えますが、ハードなトレーニングは、必要以上に筋肉が大きくなるだけなのです。ただ筋肉が大きくなっても、球速を上げるのに必要な筋肉バランスではないので、鍛えた筋肉の力が、上手く球速アップにつながりにくいのです。

 

 

つまり確実に球速を上げることができて

 

体を壊さない安全なトレーニングが必要です。

飛躍的に球速が上がる3つのトレーニングとは?

ピッチング・スピードアッププログラムには、誰でも飛躍的に球速を上げることができる3つのトレーニングが用意されています。このプログラムで行うことと言えば、大まかに分けてわずか次の3つのことをするだけです。まず最初に、ピッチングするために、必要な部分に必要な分だけ筋肉を付けていき、次に、ピッチングの動作をスムーズに連動させるようにした後、怪我をしない、疲労が残らない体作りをしていくのです。

 

3つのトレーニング解説イメージ

 

3つのトレーニングを行なう

これらの3つのトレーニングを行なうだけで、短期間で球速を上げることができ、怪我もしない、理想的な体へと改善することができます。そして、このピッチング・スピードアッププログラムで行なうトレーニングには、ハードなトレーニングは一切ありません。また、自宅で誰でも簡単にできる方法なので、小学生のような小さなお子さんでも実践できます。しかも、球速を上げるのにセンスや才能なんて全く関係ありません。プログラムを実践すれば、3ヵ月後には誰でも確実に最低10キロは球速を上げることができるのです。

 

誰でも実践できるトレーニング内容

確実に球速が上がる、怪我もしない安全な正しいトレーニング法が学べます。しかも、とても簡単なトレーニングなので、小学生からプロ野球選手まで、誰でも実践できるトレーニング内容になっていて、センスや才能は必要ありません。そして、ピッチャーとして理想的な体型とピッチングフォームを身につけることができ、速い球を投げるのに必要なしなりや柔軟性のある体へと改善することができます。

 

 

また、柔軟性のあるしなやかでバランスの取れた強い体になるので、怪我をしない体を手に入れることができます。さらに、腕のリーチが長くなり、腕力が上がるだけでなく、走るスピードも速くなります。その結果、3ヵ月後には、最低でも10キロ以上球速を上げることができるのです。さらに、140キロレベルの体型とピッチングフォームが身につくので、将来的には、プロ野球選手になることも夢ではありません。

 

短期間で球速を上げたい人におすすめ

これまでいろんなトレーニングを試したけど全然球が速くならなかった、どんなトレーニングをしたらいいかわからない、正しいトレーニング法を学びたい、できるだけ短期間で球速を上げたい、トレーナーとして安全で確実なトレーニングを教えてあげたい、球速だけでなくピッチャーとしての総合力をアップさせたい、疲労が残らず怪我をしない体を手に入れたい、140キロ以上の球をなげれるようになりたい、将来プロ野球選手になりたい・・・などの悩みをお持ちの方にオススメです。

 

3つのトレーニング解説イメージ

 


HOME バッティング ピッチング 脚やせ