食事のとき、いきなりご飯などの主食を食べないで野菜から食べると良いと言われています。これにはいくつかの理由があります。

一つは、生野菜が持っている食物酵素をとりいれることで消化の手助けをしてもらう。

その時のポイントですが、野菜や果物などの植物は薄い細胞膜という膜に包まれています。そのため野菜を食べるならその細胞壁を壊して食べたほうが栄養の吸収率を高めることができます。良く噛んで食べるといいですね。

また、調理する時に細かく切ったり、すりおろすなどの工夫をするといいですね。例えば、魚焼き定食なら大根おろしが添えて、大根おろしを先に食べる。とんかつ定食なら、キャベツの千切りから食べるようにするなど。漬物にも酵素や食物繊維が豊富に含まれているので少しずつ毎食たべるといいですね。

もう一つは、野菜には食物繊維がタップリ含まれています。最初に食べることで血糖値の上昇を穏やかに抑えることができるので、からだに優しい食べ方だと言われています。