夏になると毎年、熱中症にならないように注意を呼びかけています。塩分と水分補給は知っている方も多いかと思いますが、熱中症にならないための簡単な予防方法がまだあるのをご存知ですか?

テレビ朝日の番組「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、スポーツ内科医の栗原隆先生が熱中症を予防する為のとっても簡単な方法を紹介していました。

その方法は、手の平や足の裏などを氷を使って冷やす方法です。私はカラダが熱くなると体の体温を下げる為に、首や脇などを氷を使って冷やしていましたが、栗原先生の話によると手や足などの末梢の血液を冷やす方が、体の深部体温を下げることができ熱中症の予防になるそうです。

ワキを冷やしすぎると、体が冷えてしまった!と勘違いしてしまい、逆に体を温めようと深部体温が上がってしまうそうです。

熱中症になってしまった時は、首やワキの下を冷やす方法もあるそうですが、予防するには手のひらや足の裏などを冷やす方が良いそうです。

熱い夏のシーズンは、氷は必需品ですね。