ここ近年、テレビのCMで良く聞くようになった『特定保健用食品』。なんとなくカラダに良い働きをする成分が使われているのかな?というイメージですが、詳しく分からないので調べてみました。

トクホは消費者庁長官が効果効能の表示を許可している食品

一般的に ”トクホ” と呼ばれていますが、正式は『特定保健用食品』。その商品の成分が、健康づくりに役立つためにどのような働きがあるのか、国に科学的根拠を示し有効性や安全性の審査を受け、消費者庁長官が効果効能の表示を許可している食品のことをいいます。

これは健康ブームにより、サプリメントやドリンクなど健康食品市場が急激に拡大、そこで国が選分ける制度を1991年に創設されたのがはじまりなんです。 当初は、厚生労働省の所管でしたが、現在は消費者庁に移管。

【特定保健用食品とは】

  • 食生活において特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行うもの
  • 特定保健用食品として食品を販売するには、その表示について消費者庁長官の許可を受けなければならない(健康増進法第26条第1項)
  • 表示の許可に当たっては、食品ごとに食品の有効性や安全性について国の審査を受ける必要がある

特定保健用食品の許可証票は2種類

現在は日本でも多くのサプリメントが販売されており、米国並みのサプリメント大国になりつつあります。その中で一体、何がよいのか、安全な商品はどれなのか明確にわからないのが現状でした。そのため、どれも同じなのか・・・それとも違うのか・・・わからないまま購入していました。

そんな中「特定保健用食品」と表示されている商品を、勿論薬ではありませんので即効性があるわけではありませんが「この商品は安全性や有効性の審査を受けた」と、商品を購入するときの参考になり随分と役立っています。

現在は、「特定保健用食品」をスーパーなどでも多く見かけるようになりましたが、ところで特定保健用食品の審査を受け許可を受けた商品には許可証票がつけられますが2種類のマークがあるのをご存知ですか?

  • 【特定保健用食品】・・・・食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品
  • 【特定保健用食品(疾病リスク低減表示)】・・・関与成分の疾病リスク低減効果が医学的・栄養学的に確立されている場合、疾病リスク低減表示を認める特定保健用食品 (現在は関与成分としてカルシウム及び葉酸がある)
  • 【特定保健用食品(規格基準型)】・・・特定保健用食品としての許可実績が十分であるなど科学的根拠が蓄積されている関与成分について規格基準を定め、消費者委員会の個別審査なく、消費者庁において規格基準への適合性を審査し許可する特定保健用食品
  • 【特定保健用食品(再許可等)】・・・既に許可を受けている食品について、商品名や風味等の軽微な変更等をした特定保健用食品

条件付き特定保健用食品
特定保健用食品の審査で要求している有効性の科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品を、限定的な科学的根拠である旨の表示をすることを条件として許可する特定保健用食品

※引用:消費者庁 特定保健用食品

スーパーなどで食品を購入する際の参考にしてくださいね。

コメントを残す