皆さんは、1年回でどの位市販の薬を買うことがありますか?

セルフメディケーション税制と言うのをごぞんじですか?

今年、市販の薬を買った方は、もしかしたら税金が戻るかもしれません。あさイチで放送していた内容をシェアします。

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーションの、セルフ=自分、メディケーション=薬、軽い症状なら医療機関に行かなくても自分で治そう。という、医療費を削減することが目的で始まった制度。

風邪や軽い怪我、腰痛など病院に行くほどでもないので、薬局で薬を買って様子をみるという方は多いのではないでしょうか。

このように、市販で薬を買った場合、その金額が1月~12月の1年間で12,000円を超えた場合、確定申告をすると所得税などの税金が戻ってくる制度がセルフメディケーション税制と言います。

これは、昨年の2017年から始まった制度なんですが、知らないかったとい言う人多いですよね。

全ての薬が対象なの?条件は?

実は、全てお薬が対象になるわけではありません。対象となるのは、風邪薬、湿布薬、花粉症にの薬など、約1700種類。

対象になるか対象外かは、薬に使われている成分で決まります。病院で処方される薬と同じ成分が入った一部のクスリになります。このような薬を『OTC薬』と言います。

ですので、同じような風邪薬でも対象・対象外に分かれる事もあります。目印は、パッケージにセルフメディケーションと言うマークが入っています。

■条件があります

  • 定期健康診断
  • インフルエンザぼ予防注射
  • がん検診

などのいずれかを受けている人が条件で確定申告の際に申請すると

セルフメディケーション税制に必要なもの

証明するために、薬を買った時のレシートを捨てないで保管しておきましょう。

レシートをみると対象となる薬には ★マーク、◎、カタカナのセ、などの印がついています。店員さんに確認するといいですね。

このレシートを1年分集めておいて、2月の確定申告の時に申請します。

お店によってはレシートをスマートフォンに記録させるサービスもやっている所があるそうで、1年分の金額が一目でわかり、レシートをプリントアウトすることが出来るんだそうです。

どの位税金が戻ってくるのか?

昨年の対象となる薬の平均の購入額は約3万4000円でした。

例えば、年収が500万円のご家庭が確定申告すると、所得税と住民税で合わせて6,600円が戻ってくるそうです。

これは、家庭構成によっても違うので、あくまでも目安になります。